自由に旅するじゅん

1から自分で作り上げる自由な旅の楽しさをあなたに

阪神タイガースのキャンプに来た。ジェットで来た。

広告

金曜夜の飛行機で大阪を発ち、那覇のホテルで土曜日を迎える。

 

名護行きの高速バスで1時間かけてやってきた宜野座球場!

 

f:id:jun_53a_t:20170212101715j:plain

新人王高山選手!

今年は3番レフトを狙っているとのこと。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101716j:plain

00上本選手!

背番号4を返上して迎えた今年は気合が入っている。

ここ2〜3年、僕としては西岡よりも上本を使うべきと思っていた。

しかし今年は板山、植田、大和、そしてまさかのキャンベル!とライバルが多い。

それでも打撃では頭一つ抜けていると思う。

ただ、正面にきたゴロをこぼす印象が強い。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101717j:plain

北条選手と鳥谷選手のショート争い。

キャプテンを返上した鳥谷の気合もすごい。

ノックでは華麗な動きを見せていた。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101719j:plain

監督の2年目采配はどうなるのか。

去年は継投に難があった。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101720j:plain

福留キャプテンを中心に外野陣がまとまっている。

若手へ指導する姿が目立ち、キャプテン兼外野守備コーチのよう。

というか引退後は外野守備コーチにするべき。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101721j:plain

平田コーチが誰よりも元気だった。

テレビで見るそのままの姿。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101722j:plain

ランチを挟んでシート打撃登板への準備をする横山・松田ペア。

選手同士の関係もうかがえるのが、キャンプならではの光景。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101723j:plain

島本選手も登板準備をしている。

間近で見る投手の動きはおもしろい。

柔らかい身体の動きから、速い球がスパンと放たれる。

見ていて気持ちがいい。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101724j:plain

ねこも練習を見にきていた。

というより、観客からもらえるエサ目当てか。

実際に唐揚げをもらってムシャムシャ食べていた。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101727j:plain

メインの球場を出たところでマスコミの取材を受けていた鳥谷選手。

今年は必死なんだろうなぁ。

応援しています。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101728j:plain

取材の様子を見ていると、サブグラウンドに向かう植田選手が出てきた。

両手がテーピングだらけで、練習の厳しさが伝わって来る。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101729j:plain

取材の方は、というと新キャプテンが冷やかしに。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101731j:plain

メイン球場では投手陣のトレーニング。

青柳・藤浪ペア。

じゃんけんであいこになればダッシュというもの。

WBCでは活躍を期待していますよ!藤浪くん。

(なぜか藤浪は"選手"、ではなく"くん"と言ってしまう。)

 

f:id:jun_53a_t:20170212101732j:plain

膝の故障で別メニューの糸井選手。

日ハム時代から好きな選手。

日ハムを応援しに、よく行く京セラでもこの人の動きだけは惚れ惚れとして見ていた。

甲子園で暴れ回る姿が本当に楽しみ。

できるだけ長く見ていたい。

今は焦らずにじっくりとリハビリをこなして欲しい。

 

f:id:jun_53a_t:20170212101733j:plain

そしてサブグラウンド。

先ほどの植田選手が特別に1人でノックを受けていた。

首脳陣からの期待も大きいのだろう。

3年後ぐらいにはセカンドの座を獲っているのだろうか。

 

以上で沖縄キャンプの見学は終わり。

高速バスで那覇に戻り、沖縄の夜を楽しみに行く。