自由に旅するじゅん

1から自分で作り上げる自由な旅の楽しさをあなたに

海外旅行や海外留学でのお金の持ち方に最適!りそな銀行のデビットカードがあれば支払いも現金引き出しも簡単で管理がしやすい!

広告

f:id:jun_53a_t:20170517202351j:plain

海外でのお金の持ち方についてはいろいろと考えてしまうもの。

・日本で両替した現金

・クレジットカード

・キャッシュカードで現地引き出し

などいろいろとある方法の中で、管理がしやすく・安全な方法について紹介します。

りそなVISAデビットカードがあれば、1枚で支払い・現金引き出しの両方ができます。

預金口座に紐付けられたキャッシュカードなのでATMで現金の出し入れができるし、VISAカードとしてレジでの支払いにも使えるのです。

デビットカードはクレジットカードよりも使いやすい

あらかじめ口座にお金を入れておく

りそな銀行で預金口座を作ることでこのカードがもらえます。

カードが来たらATMで口座に預金します。コンビニATMで預けるときは手数料は無料です。

預金残高の範囲内でのみお買い物ができるので、自分で額を決めて入金しておくと予算オーバーになることを防げます。

クレジットカードが使えるお店ならデビットカードも使える

f:id:jun_53a_t:20170516193916j:plain

VISAマークが貼ってあるお店ならこのカードを見せるだけでお買い物ができます。

このとき「デビットで」とは言わずに「クレジットカードで」というのがポイントです。お店の人はクレジットカードと同じ手順で処理してくれます。

もちろんネットショッピングでも使えます。カード番号、有効期限、セキュリティコードがカードに記載されているのでそれらをクレジットカード情報の欄に記入するだけです。

使ったその場で口座から引かれるので借金にならない

クレジットカードの場合、翌月の支払日まで口座から引き落としはされませんが、それは借金をしているということなので精神的な負担になるのも事実。

このデビットカードの場合は使ってすぐに口座のお金が減るので借金ではありません。精神的にも安定します。

審査が無いので誰でも持てるカード

15歳以上なら誰でもすぐに発行されます。子どもの名義で発行し、親が口座に入金して使わせるという使い方もできます。

安定した収入がなくてクレジットカードの審査に落ちた経験のある人でも使えます。

世界中のATMから現金を引き出せる

f:id:jun_53a_t:20170516193916j:plain

これまたVISAマークもしくはPLUSマークのついたATMにカードを入れると、りそなの口座から現金を引き出せます。このとき手数料は2.5%*1

海外でできるだけ現金を持ち歩かずに、都度必要額を引き出すという安全なお金の持ち方ができます。

日本にいる家族からりそな銀行の口座に振り込んでもらうという使い方

f:id:jun_53a_t:20170517221045j:plain

海外にいる間に口座の残高が少なくなって困った!というときには日本の家族・知人に口座番号を伝えることで、口座に振り込んでもらうということができます。

不正利用に対しての保障があるから安全・安心

利用の度に銀行から確認メールが来ます。もしスキミングなどの不正利用*2に遭ってもすぐに対処できますね。

JALの会員情報と紐付けてマイルも貯められる

f:id:jun_53a_t:20170517220510j:plain

カードを申し込む際、すでにJALの会員になっている人は会員番号を登録すると、このカードがマイル口座とも紐付けられます。

買い物額200円ごとに1マイル貯まります。

まとめ

f:id:jun_53a_t:20170517220827j:plain

海外ATMでも使えるりそな銀行の預金口座のキャッシュカード兼クレジットカード、そしてJALマイルも貯まる海外旅行に最強のカードです。

海外で少しでも安全性を高め、毎日の買い物の利便性も高められるので新しい定番になるカードです。

りそなVisaデビットカード | りそな銀行

*1:国際キャッシュカードとして海外旅行好きの間で有名な新生銀行は4%なのを考えるとりそながお得です。

*2:年間150万円まで保障されます。