自由に旅するじゅん

旅好き男の記録

ロンドンのハリー・ポッタースタジオツアーで映画の制作過程を見てきた

f:id:jun_53a_t:20180825194608j:plain

ロンドン旅行の目的の1つはハリー・ポッターのスタジオ見学でした。
ここで映画の制作過程をじっくりと見学しました。めちゃくちゃ楽しかったので、ハリー・ポッター好き、映画好きにはぜひ行って欲しいので紹介します。

ハリー・ポッタースタジオツアーとは

映画「ハリー・ポッター」シリーズの撮影で使われたセット、小道具、衣装などが展示されている施設です。
登場人物の家や学校、かなり細く作りこまれた小道具を目の当たりにして、映画が完成するまでにどれだけ手間暇かけられていたのかを知ることができます。

映画シリーズを見たことがある人なら間違いなく楽しめます。
まだ見てないけどロンドンに行くついでにという人は先に映画を見てください。映画を見ていないと楽しめません。

英語がわからなくても大丈夫か?

日本語のオーディオガイドがあります。
iPod touchから音声が流れる仕組みで、ところどころ制作過程の映像も画面で見れるようになっています。

内容

f:id:jun_53a_t:20180819151126j:plain
見学ツアーは階段下の部屋から始まります。棚のチェス駒とか映画1作目でも主人公ハリーが遊んでいましたよね。この時点で大興奮です。

f:id:jun_53a_t:20180821062519j:plain
続いてホグワーツ魔法学校の大広間に通されます。生徒たちの食器だけでなく、学校の制服、先生の服なども展示されています。
この大広間は大阪のUSJのハリーポッターエリアでは楽しめないですよね〜。

f:id:jun_53a_t:20180821062544j:plain
映画の俳優陣にはつけヒゲやカツラ、タトゥーなどを施していました。その制作過程も覗けます。

f:id:jun_53a_t:20180821062553j:plain
映画に出てくる小道具。
実は小道具はどれも、同じものをいくつも複製して準備しておくそうです。そしてそれらの小道具を保管しておく倉庫があって、その倉庫はリアル”必要の部屋”となっているとのこと。

f:id:jun_53a_t:20180821062600j:plain
ところどころ、衣装を着せたマネキンを置いたセットがあり、映画の場面が再現されています。これは映画7作目の悪の勢力が会議をしている場面。この場面のスネイプ先生を思うと泣いちゃいそうになります。

f:id:jun_53a_t:20180821062613j:plain
映画4・8作目に出てくるこの生物、CGじゃなかったんですね〜!しっかりと作り込まれた人形で、ボタンを押したら動くように展示されています。映画には様々な魔法界の生物が出てきますが、このように機械で制御できる人形としてアレコレ作られていました。
このような映画製作の裏側を見れるのが、このスタジオのおもしろいところです。

f:id:jun_53a_t:20180821062629j:plain
映画に出てくるあらゆる人物(街中を歩く名も無い人物も含めて)がそれぞれユニークな帽子を被っていることに気付かされる展示です。
どれをとっても物語が込められていそうな帽子たち。この映画のディティールの細かさに改めて圧倒されます。

f:id:jun_53a_t:20180821062637j:plain
スタジオ内にキングス・クロス駅も再現されています。人間界と魔法界をつなぐ場所として作中何度も出てきます。ここでは壁をすり抜けるシーンのフォトスポット、列車内の見学、9と3/4をモチーフにしたグッズ売り場があります。

f:id:jun_53a_t:20180821062647j:plain
映画の様々な場面のコンセプトアートです。これらの絵だけの展覧会があっても映画に浸れそうなクオリティの高さ。
この絵だけで、映画3作目のクディッチシーンが思い出されます。降りしきる雨、強風、雷に打たれる選手、迫り来るディメンターという映像が脳内再生されました。

f:id:jun_53a_t:20180821062653j:plain
作中の建物1つ1つを紙で作ったモデルがありました。部屋の形、柱、壁の装飾がとても細かく表現されていてじーっと見つめてしまいます。

f:id:jun_53a_t:20180821062702j:plain
スタジオツアーの最後の展示がホグワーツ城。これは城がまるごと再現されていて、360℃から見ることができます。めちゃくちゃ細かく作り込まれています。USJのよりすごい。

このスタジオならではのお土産

このスタジオにはグッズ売り場があります。
映画内にでてくるお菓子はUSJでも見たことがあるものが並んでいましたが、Tシャツやタオル、文具類などのモノはこのスタジオオリジナルのものばかりでした。
僕はモノはあまり買わない主義なのでグッズを買っていませんが、グッズが欲しい人にはグッズ売り場も楽しめるのではないかと思います。

スタジオ内に食事スペースもある

スタジオ無いにはスターバックスのカフェが2箇所ありますので、食事を取ることもできます。もちろんバタービールもありました。
カフェは見学経路のちょうど中間あたりに1つあるので、バタービールで一服していくのがオススメです。

USJのハリー・ポッターエリアとは違った楽しみ方ができた

f:id:jun_53a_t:20180825194653j:plain
USJのホグワーツ城

小学6年から大学4年まで映画館でシリーズを見てきて、ハリー・ポッターと共に青春を送った自分はかなり満足できました。
ロンドンに行く前にもブルーレイでシリーズを復習したので、展示内容にはかなり興奮させられました。

もちろん大阪のUSJのハリー・ポッターエリアも好きで何度も足を運んでいますが、両者は楽しみ方が違うと思っています。
USJは自分自身が魔法世界の住人になれる場所、ロンドンのスタジオツアーは映画の舞台裏を濃密に楽しめる場所、という違いです。

ハリー・ポッターファンの方でUSJを楽しんだことのある人には、ロンドンを訪れることをオススメします!!

ハリー・ポッターと賢者の石 - Harry Potter and the Philosopher's Stone (ハリー・ポッターシリーズ)

ハリー・ポッターと賢者の石 - Harry Potter and the Philosopher's Stone (ハリー・ポッターシリーズ)

 

Kindle Unlimitedで無料で読めるのでオススメです。