自由に旅するじゅん

旅好き男の記録

函館1泊旅行2万2千円【マイルで旅行】

広告

昨年からブリティッシュエアウェイズのマイル、SPGアメックスカードのポイントを貯めていまして、そのポイントで最近安く旅行ができています。
先日の函館旅行がどれくらい安くなったかを紹介します。

こんな人にオススメの記事です。

  • 旅行が好き
  • ポイントが好き
  • 飛行機が好き
  • とにかく安くどこかに行きたい

大阪・伊丹〜函館はJALで往復

f:id:jun_53a_t:20180305212933j:plain

機種はエンブラエル190。
新しい機種だから内装が綺麗なので、JALの中では一番好きな機種です。

運が良ければミニオンジェットに当たります。
ドリンクサービスのカップがミニオンのカップなんだそうで、一度は乗ってみたいです。

f:id:jun_53a_t:20180305212854j:plain
伊丹を離陸して1時間ほど経ったら、白い函館山が見えてきました。

f:id:jun_53a_t:20180305212906j:plain
函館山をぐるっと旋回して滑走路に降りていきます。函館の土地も真っ白。北海道にキター!!!とテンションが上がってきます。新千歳に降りてくるときも同じようにテンションが上がるので、僕はかなり北海道が好きなようです。

f:id:jun_53a_t:20180305212756j:plain
函館空港はコンパクトな空港です。内装は新しく、天井が高くて開放的な空間です。新千歳と違って混雑していないのも良いポイントです。

しかしラウンジはJALのものがなく、クレジットカードで入れるラウンジのみでした。
函館空港・カードラウンジ「A Spring」の訪問記/徹底ガイド

 

f:id:jun_53a_t:20180305212755j:plain
大阪への復路もJALです。機種も往路と同じくエンブラエル190でした。
ただ、チェックインしたときにJALのお姉さんから「ただいま、プラス1000円でクラスJ、最前列の座席にアップグレードしていただけます。」と熱く勧められたので、アップグレードしました。

f:id:jun_53a_t:20180305212753j:plain
ただでさえ足下が広いクラスJで、さらに最前列だったのでとても快適。
この旅行では雪道に備えてブーツを履いていたので、足元が広いのは本当にありがたいです。

クラスJの2人掛け座席の肘置きから、ドリンク用のミニミニサイズのテーブルが出せることも発見。これ便利です。
普通のテーブルだとお腹の前にせり出してきて圧迫感があります。ドリンクを置くための小さなスペースを用意するJALさん、良い働きをしてますね。

ブリティッシュエアウェイズのマイル特典で乗りました。

マイルの貯め方

この大阪・伊丹〜函館の往復の航空券は13,500円で取ることができました。LCCではなくJALなのになぜ安いか、というと貯めていたマイルを航空券に引き換えたからなんです。

僕はイギリスの航空会社ブリティッシュエアウェイズのマイルを貯めています。この会社のマイルはすごく貯まりやすいです。貯め方についてはこちらのサイトでとても丁寧に解説されています。lekotori01.net

マイルの使い方

さきほどのサイトのような方法で1マイルあたり1.5円ぐらいのコストで貯めることができました。この貯めたマイルの使いやすさもブリティッシュエアウェイズの良いところです。マイルの使い方はこちらのサイトがわかりやすいです。platinum-hunter.online

大阪から函館まで13,500円で往復できました

ブリティッシュエアウェイズの9000マイルで往復航空券に引き換えることができました。1マイル=1.5円のコストで貯めていたので、13,500円で飛行機に乗れたという計算です。
正規割引運賃で買おうとすると往復40,000円近くかかるので、かなりの節約になったと言えますね。

ホテルはフォーポイントバイシェラトン函館

 

お部屋は豪華なビジネスホテル

フォーポイントバイシェラトン函館は、スターウッド系列の中でもチープなクラスに分類されます。ビジネスホテルのような位置づけです。それでもビジネスホテル以上のパフォーマンスを見せるホテルです。ビジネスホテル界の王者です。
場所もJR函館駅前と、かなり便利なところです。

f:id:jun_53a_t:20180305212928j:plain
ベッドはツイン。枕元の照明はかなり細かく微調整ができる、賢いやつでした。

f:id:jun_53a_t:20180305212910j:plain
写真を撮る前に開けてしまいましたが、ペットボトルのお水が人数分サービスで付いています。緑茶のティーバッグも有り。

何よりもポイントが高いのが、豆が入ったカプセルをセットして抽出するタイプのコーヒーマシンが置いてあること!!これまでの経験でこれが置いてあるホテルにハズレはありません。
また、紅茶派の方はフロントで紅茶カプセルを1個100円で買って、このコーヒーマシンにセットして飲むことができます。

f:id:jun_53a_t:20180305212844j:plain
ベッド2つだけでなく、窓際にソファとミニテーブルも置いてありました。とても広々としたお部屋です。

ツインルームの悪かったところ1点

ツインルームは12Fにあり、この上のフロアがバーになっています。このバーで騒ぐ人たちの声が夜ずーっと聞こえてきたのには困りました。
バー自体はとても落ち着いた雰囲気の場所なのですが、この日はサラリーマン集団が飲み騒いでいたので下の客室にまで響いていました。

夜景バーがとても良い空間

このホテルのグループが出しているSPGアメックスカードというクレジットカードを持っているため、カード会員へのサービスとしてホテルのバーで使えるドリンクチケットが付いてきました。

f:id:jun_53a_t:20180504103835j:plain

ということでバーに行ってみるととてもムーディ!!
28歳の若造に敷居の高さを感じさせる、大人の雰囲気。しかし、僕が萎縮しないようにバーテンさんが優しく招き入れてくれます。
件のサラリーマン集団が帰った後は、函館の夜景をボーっと眺めるだけの静かな時間が流れていました。

SPGカードで貯めたポイントで宿泊

f:id:jun_53a_t:20180504104449p:plain
スターウッドのホテルが出しているクレジットカードの入会キャンペーンや、日々の支払いで貯まったポイントを宿泊に交換して泊まりました。1ポイント=2.5円ぐらいのコストで貯めることができました。
このポイントの貯め方はこちらのサイトが詳しいです。

matsunosuke.jp

フォーポイントバイシェラトン函館に土曜日、大人2名での宿泊で4500ポイントでした。この予約をした翌週から宿泊に交換できるポイント数が釣り上げられたので、良いタイミングで宿泊できました。

というわけでホテルの宿泊費は4,500ポイント=9,225円ぐらいとなりました。
ここのホテルは割引料金での予約でも20,000円ぐらいなので、ここでもかなりの節約ができました。

この旅行の費用は実質22,225円でした

航空券、ホテル共に貯めたポイントで交換しました。そのポイントを貯めるためのコストから換算すると、22,225円で函館1泊旅行ができたということです。

というわけで、旅行が好きで、節約したいあなたもブリティッシュエアウェイズのマイルを貯めませんか?まずはアカウントを作りましょう。
https://www.britishairways.com/travel/home/public/ja_jp

さらにSPGアメックスカードと連携するとマイルが貯まりやすいです。まずはSPGのアカウントも作りましょう。
https://www.britishairways.com/travel/home/public/ja_jp

(ただし、SPGはホテルグループの統合によって、ポイントの貯まりやすさ、使い方が今後変わってくるかもしれませんので、情報を追っていく必要があります。)